ぶっちぎるぜ!!〜Which are you ?〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 逆転裁判 クリア

<<   作成日時 : 2007/04/27 00:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

と、いうわけで。昨日から一気に進めて本日クリアいたしました。
ぶっちゃけて言えば、面白かったけども前シリーズのクオリティが高すぎた。
やはり、なんと言ってもナルホドに比べてオドロキのインパクトが弱すぎる。
システム面なんかは完成されてるし、時事ネタも取り入れててなかなか悪くない。
細かい感想は以下、ネタバレ防止用に文字反転して述べましょ


何度も言うけど、オドロキのキャラクターが弱すぎる。普通にナルホドが続投でよかった…と
思ってしまうほどのインパクト。全体的にストーリーの謎で引っ張るタイプで、段々と明らかに
なっていくのは確かに面白かったけど、そのことに関しても、事件や謎の中核をなしてるのが
前作の主人公であるナルホドだからこその面白さや興味。どうでもいいキャラだったら、
間違いなく楽しめなかったとは思う。ナルホドを出すのは上層部の判断だったそうだけども、
その判断が正解だったのか、逆に中途半端に出しちゃったもんだから微妙になったのか。

「見抜きシステム」も、結局はハッタリなわけで。サイコロックに代わるシステムってのは
わかるけど、やっぱムジュンを突きつける快感に比べると、動揺探しはうーん…て感じ。
しかして、ミヌキちゃんの可愛さはガチ。マヨイのコピーと言われればそれまでだけども…

何度も言うけど、検事のキャラクターはミツルギより好きかもしれない。ナルミツと比べて
お互いの因縁が薄すぎるのが印象か。続編が出るなら今後は面白くなってくと思う。

1の時点でミツルギが人気出すぎちゃった結果、今回の牙流スタイルが生まれたと思うのよ。
検事は敵じゃなくて、「真実」を暴くための仲間、みたいな。前作まではゴドーなんかも
割とそういうタイプなんだけど、敵に徹してたから盛り上がった。今作だと、ピンチの時に
すぐ検事側がヒントや助け舟を出してるから、あんま「逆転」感がないってところかなぁ。
登場人物が少なすぎて、犯人が限定されちゃうのも問題か。ラミロアさんの事件なんて、
まさかそのままダイアンが犯人だとは全く思ってなかったし。一話から師匠ポジションが
犯人、っていう構成には正直驚かされただけに、ちょっと残念だね。

ただ、検事と弁護士が協力して真実を暴いていく、ってスタイルは個人的には好き。
とはいえ、やっぱ検事にはもっと敵っぽくあってほしいなぁ。牙流は味方すぎる。

個人的にはミツルギの登場にも非常に期待してたんだけどね…まさか出ないとはなぁ。
過去編やるんなら出してくれても…、と思ったけどしょうがないか。

なんか不満ばっか述べちゃってますが、まぁそこそこ楽しめました。
でも、逆裁シリーズとしてはちょっと褒めれないデキかなぁ。
前シリーズのクオリティが高すぎたってのはやっぱりあると思うけどね。
やり取り周りの雰囲気は変わってなくていい感じなんで、次があるなら
構成周りに改善の余地ありかな…ザックなんかも1話と最後で性格全然違うしね…

あ、陪審員制度をああいう形で持ってきたのは上手いと思ったよ。
ただ、それならバッドエンドももっとしっかり用意して欲しかったかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
逆転裁判 クリア ぶっちぎるぜ!!〜Which are you ?〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる