蝶、サイコー! ~武装錬金 13,14話~

こんばんはございます。今年最後の更新は、コレで行くとしましょうか!どーんと!

武装錬金 第13話 「死の胎動」
武装錬金 第14話 「キミは誰だ?」

待ってました!、の校内決戦回。この話が武装錬金の中で一番好きな話なんだよな。
相変わらず、話を詰め込みすぎてわけわかんなくなっちゃうくらいの密度でしたねー。
大歓声のシーンは、当時打ち切りの危機にあって、初めてアンケートを出したこと、
それのお陰ではないだろうけど何とか打ち切りを免れたこと、それでもやっぱり最後は
打ち切られてしまったこと、そんな作品のアニメ化がされて、それも素晴らしくクオリティの
高い作品であったこと、コレまでの色々なことがごちゃ混ぜになって、涙が出てきました。
コレを見れたらもうアニメがなくなっても悔いがないな、なんて無責任なことを思うほどに。
それほどまでに俺はこの作品を愛してたんだなー、と。再殺編は余りのクオリティ低下に
ガッカリしちゃったんだけど、アニメではそこも楽しむつもりでも見ていかないといけないね。
岡倉のカッコよさに惚れた回。演技がちょっと拙いけど、キャラにはあってるよね。

そしてもう一つ、パピヨンVSバタフライ!パピヨンの作画は毎回気合が入りまくってる。
演技も素晴らしい。待って~の演技で笑わせながら、醜い蛾だ!のシーンは震えた。
ダークヒーロー・パピヨンの誕生とも言えるシーン。相変わらず動かない動画なんだけど、
ぶっちゃけバトルが楽しい漫画じゃないから気にならない。動くに越したことはないけど。

しかし、SPと言いながら14話の前半がほとんどあらすじってのもどうなんでしょうかね。
まー、スケジュール的な意味もあるんだろうけど…ヴィクターas力ちゃんはいい感じ。
できれば武装錬金らじおにゲスト出演して欲しい所。最近、うたわれるものらじおでも、
錬金の話題がちらほら出てるしね。斗貴子さんの哭くシーンの演出は秀逸だった。
あと、黒核がカタカタカタカタって震えるのもグッド。戦う…戦う…の演技もグッドでしたね。

作画、声優、主題歌、音楽、総ての要素に力が入ってるこの武装錬金という作品、
折り返し地点は過ぎたんだけど、これからますます盛り上がっていって欲しい所です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック