仮面ライダーウィザード第20話

こんばんはございます。毎年思うんですけども。20話って区切りのタイミングで、もう20話!?って思ってしまう。
それだけ、時が流れるのが早くなったってことなんでしょうけども……では、どーんと行きましょう。

仮面ライダーウィザード 第20話 「近づく真相」
巨大な力がやってくる、でチョーイイネ!アバンの時点で巨匠っぽい演出だと思ったら巨匠だった。
何を言っているかわかると思うし、俺にもよくわかる。久しぶりだな……あぁ、ヤツだ。
ってなもんで。相変わらず巨匠はエッジが効いてるなぁ、良くも悪くも(笑)。けどまぁ、今回はまともな方だよね。
話の腰を折るような感じではなかったし。これも、ウィザードリングってアイテムと晴人のキャラの成せる業かな。

・仁藤
ラーメンにもマヨネーズ入れるのか……そしてそれ以上に、こんな暴風雨の中で営業するラーメン屋の凄さ。

・指輪
また新しい魔法来たね。ドレスアップはいいとして、エキサイトは……ムキムキ晴人君がキモすぎて笑える。
コヨミもいい味出してきたよねぇ。やっぱりコヨミは面影堂にいるのが一番しっくり来ますわ。

・フェニックス
最近、どんどんフェニックスさんの立ち位置が悪くなっていってる……んー、この辺どうなんでしょうね。
フェニックスの性格は皆よく知ってると思うから、こういう扱い方をしたら暴走するであろうことは明白なわけで。
今回、メドゥーサが何か入れ知恵していたみたいだけど、間違いなく何か目的があって邪険にしてる気がする。
ベルゼバブは、そういう思惑とは別に、メドゥーサとかワイズマンがコケにしてるから一緒になってるだけかな?
メドゥーサはメドゥーサで、ワイズマン相手に一物抱えてるような感じがするので、どう転ぶのかわかりませんが。

それでも、人間に喧嘩売られて、人間同士の喧嘩の範疇ちょっとオーバーくらいで済んでいる辺り、
無駄に人間を襲うなって言われたことを結構守っているような気がしないでもない。

・シホとヒサ
うっぜぇ(笑)。朝から殴りたくなる感じがしますな。けど、その後シホに起きることを考えるとこの演出は効果覿面。

・ベルゼバブ
空間湾曲?能力持ちで、かつ、危機的状況なのにメールに反応したシホの様子を見ただけで作戦を思いつく。
戦闘の実力以上に、頭がめちゃくちゃ回りますねコイツ。さすが、大物の名を冠するだけはある。そら調子こくわ。

・勘弁してよぉーー!
最近、晴人君マジで苦労してる気がしないでもない(笑)。こういうタイプの女性は晴人も苦手なのね。

・リンコちゃん捜査
前回くらいに、リンコと瞬平の立ち回りがしっかりできていると褒めた気がしますが、今回はそれ以上ですね。
フェニックスとニアミスしたリンコちゃんが捜査をしてて、瞬平がゲートの傍にいて晴人をフォローしている。
警察の権限があるから聞き込みも自然にできるし、晴人よりは瞬平の方が腰が低いから人当たりも悪くない。
ついでに、面影堂でおやっさんとコヨミの二人が待機している、っていう。これだよコレ。コレが完璧な配置だよ。

・ユウゴ
フェニックスの元になった人間は、どうもフェニックスとは似ても似つかない性格だったみたいですね。
記憶は引き継いでるみたいな描写があったけど、性格は全く別なんですね。でも、ファントムの気になる所は、
心の中に生まれるんでしょうか?それとも、最初から住んでいる?最初からいるなら、いない人との差は何?
そんでもって、心の中に生まれるとしたら、何がきっかけで生まれるのか。日食の儀式に関してはあくまで、
心の中のファントムを目覚めさせたものであって、普通の人間の心にファントムを植えつけたわけじゃないし。
もっとも、もしかしたら日食の儀式は本当に植えつけてるのかもしれないし、心の中にファントムがいる人間、
つまりはゲートに関して、特に理由が設定されていないかもしれないけど。

話が逸れました。ユウゴとフェニックスの性格の違いを見ると、あの映画監督、サトシだっけ?
アレのぶっ飛んだ性格もファントムになって……って思ったけど、ヒロインが何も言ってなかったし、違うか。
んー、ファントムによって、性格もそのまま引き継ぐヤツと、そんなの関係ねぇ!ってヤツがいるのかな。

・絶望の儀式
エグすぎるわ……何が怖いって、操られてるって描写はあったけど、本当にそれが全てか?ってとこが怖い。
流石に瞬平や旦那は、操られてるってわかるけど、実際にこれくらいの無視とかハブって簡単に発生するし……

・ビースト
いやさ、晴人君よ。仁藤の事情も聞いたんだから、流石に呼んであげようよ(笑)。
電話するほどの暇はなくとも、使い魔飛ばすくらいはしてあげないと……命がかかってるわけよ。
別に、ビーストが来るまで倒すな、とは言わないけど、せめて呼ぶ描写くらいは一度だけでもやってて欲しいかな。

そういうのが全くないから、俺はてっきりリンコちゃんの方にビーストが駆けつけると思ってたよ……

・次回
まさかのドラゴン揃い踏み!そういうのって、劇場版でやるべき内容なんじゃないのぉ!?
そして、リンコちゃんは一体どうなったんだぁ!?

・余談
俺、トルネで録画してるんだけども。今回の番組紹介欄を見てたら、こんな文章が
「フェニックスの人間時代を垣間見る。人間と怪人、その違いは……わかりあうことはできるのか?(意訳)」

いやいやいや(笑)。確かに人間と怪人を描く回ではあったけど、わかりあうとかそういう話じゃねーだろ(笑)。
これ、あらすじだけ聞いて適当に書いたな……それとももしかして……そういう話だったりするのか!?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

オーステット
2013年01月27日 23:30
 なんだかギャグっぽい雰囲気になってはいましたが、後半のリンコちゃんあたりはホラーテイストでよくできてたと思います。
 しかしエキサイトはおかしかった(笑)ボディビルダーの方を呼んできて合成したそうですが、色んなところに凝ってますねえ。前回のランドドラゴンもスタッフが穴掘ったそうですし。

 リンコちゃんと瞬平の役回りがしっかりしてきたのはいいですね。初期はただの賑やかしだった気がしますが、こうやって連携してるとチーム的にまとまってきたな、と思います。仁藤がアウトローというか一人ぼっちですが、面影堂に間借りでもすればファントム探しもはかどりそうなのに、と思わなくもない。

 ファントムの性格については、絶望したことがきっかけでネガティブな面とか心の奥の凶暴さが表に引きずり出されてる、と予想してみたり。水落ちして記憶が飛んだら元に戻ったり……しないかな?

 次回、ドラゴン勢揃いでそろそろ晴人に反動とか来そうな予感が……。しかし色的に戦隊ですねこれ(笑)
デストロン
2013年01月27日 23:32
ベルゼバブは和菓子屋回のヴァルキリーみたく人間関係を断ち切る陰湿さを持ってますね。まあ、今回のはゲートの主婦の性格にも問題がある気もしますが。
平成ライダーでは人間と怪人が分かり合えるかみたいな話を割とやってますがそのことについてちょっと思ったことを。
そういうテーマを持ち込む話はどうも「ヒューマノイド型になれる怪人」ばかりがその対象になってるように思います(オルフェノク、上級アンデッド、ワーム、ファンガイア、ドーパントなど)。
電王のイマジンは例外かもしれませんがこの作品ではそれの善玉と悪玉がハッキリ最初から分かれてましたし悪玉は何も救済がないまま消滅してしまいました。
「細かいこと気にしすぎ」「子供向けの配慮」と言ってしまえばそれまでかもしれませんが結局「見た目が大事」みたいなことを言われてるみたいでちょっとなあ・・・とも思ってしまいます。
王蛇RX
2013年01月28日 22:36
>オーステットさん
さすがは巨匠って所でしょうか。エキサイト、わざわざボディビルさん呼んだのか……最近、力入れる所が間違ってる気がしないでもないですが。穴もわざわざ掘ったのかぁ……

面々の役回りが凄いしっかりしてきたのは良かったです。自意識過剰になるわけじゃないですが、やっぱり反応良くないのは製作側も感じたんでしょうか。ここからは綺麗に機能するって思いたいですね。仁藤はまだしばらく一人でいいとは思いますけど、面影堂に馴染む姿が創造できない(笑)。

ファントムの性格に関してはご都合主義が多分にありそうですからね。水落ちはともかくとして、自分がファントムだって忘れてる剣坊ちゃまパターンはありえる……か?

ドラゴンはそろそろリスクが描かれそうな予感ですが……楽しみです。
王蛇RX
2013年01月28日 22:41
>デストロン殿

そういや和菓子の回もエグかったですね。悪者が悪ければ悪いほど盛り上がるってのはありますが、ウィザードの場合はやることがえげつないから……朝から放送していいの?って内容をもっとやれって気持ちも(笑)。

確かに、ヒューマノイドタイプが多いかもしれないですね。上で述べた剣坊ちゃまもそうですが。この辺の話は、アギトで始まり龍騎で種を撒いてファイズに昇華した、人と怪人の線引きについて、を描こうとした場合、あくまで人型でなければ意味がないってことなのかもしれません。ほんの少し、見た目が違うだけ。人間の姿にだってなれる。でも化物っていう。視聴者側に肩入れさせる必要があるといいますか。見た目が完全に化物となると、作中で化物を拒絶するキャラに対して、視聴者が受け入れてしまいますから。

なんか電王に限っては、馬鹿騒ぎで最後まで走った結果、ああなってしまったような気がしないでもないですが……

この記事へのトラックバック