GODZILLA ゴジラ

なんだか随分久々にブログを更新する気がします。このまま朽ちていくかもしれんと思ったけれど、
これは書かねばなるまいと、思って久々の更新です。噂のハリウッド版ゴジラを見てきました。

ハリウッド版ゴジラと言いますと、巨大トカゲ・ジラの悲劇がどうしても頭によぎってしまいます。
当時も子供ながらに、ハリウッドでゴジラとか、どんな凄いことになるんだ、と親父共々わくわくした記憶があります。
結果、映画としての出来はともかく、少なくともゴジラではなかったわけですが・・・

さて、今回のゴジラについて結論から言うと、ゴジラでした。間違いなくゴジラ、怪獣映画でありました。
”何か”が起きている、という忍び寄る危機の恐怖というか不安感も描いていたのは素晴らしかったし、
怪獣が暴れた時の、容赦ない被害も怪獣映画って感じがして非常に良かった。

ゴジラや新怪獣のムートーの動きも、着ぐるみじゃないよね・・・?って思っていたら、
わざとそういう動きでCGを描いていたんですね。その情熱は正直素晴らしいというか、
端々にゴジラに対するリスペクトが感じられて、非常に良かったです。

ゴジラ誕生の秘密を一から設定していますけど、それはリブートってことで全然ありだと思います。

何より、待ち望んでいた新作がこのクオリティで見られるという幸福。これに尽きます。
FINAL WARSから10年以上経っていますか。自分はリアルタイムで見たのはミレニアムくらいまでですが、
ぼちぼちまた怪獣映画が見たいなー、ゴジラの新作作ってくれないかなぁ、と常々思っていましたから。
えてして、思い入れが強すぎて、思ってたんと違う、ってパターンも多いんですが、今回は心配後無用でした。
粗がなくはないですが、少なくともゴジラ好きなら目を瞑れるレベルだと思います。

ゴジラの登場シーンもそうですが、カメラ目線で最初に咆哮した瞬間、全身が震え上がりました。
あの咆哮が大気を揺らしているように錯覚して、今でも思い出して鳥肌が立ちます。

格闘シーンも往年のゴジラっぽいプロレス染みた感じで良かったですわ。
そしてあの熱線!背びれが光りだしたのを見て、映画館でなければ、叫びだしそうなくらい興奮しました。

既に続編が決定していて、しかも俺の大好きなキングギドラが出るそうで!!次も絶対見に行くぞ!
パシフィック・リムの2とどっちが先かな。いつかコラボしてくれないかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

とおりすがり
2016年03月02日 22:06
今年は日本の番ですよね。いよいよ本家東宝のゴジラが、あのエヴァンゲリオンの庵野秀明監督により復活するわけですけど…
いや、どんなゴジラになるか楽しみですよね。ティザーポスターのあの形相とか見てたら、否応でも期待が高まります!!
http://jbbs.shitaraba.net/movie/10399/

この記事へのトラックバック